Written by TC Japan スタッフ

ココ・シャネルの「ココ」って本当はどっち? 名前の由来

シャネル 豆知識

シャネルの創設者であり、20世紀を代表するファッション・デザイナー、ココ・シャネル。

現在では、香水の商品名にもなっているこの「COCO ココ」。
名前の由来ってご存知ですか?

調べたところによると、なんと2説あり。

①歌手の名前が由来

1883年にフランスで生まれ、本名は、ガブリエル・ボヌール・シャネル。
父親に捨てられ孤児院で育つことになったシャネル。

孤児院を出てもすぐに仕事に就けるように、
シスターたちは熱心に裁縫を教えていたそうです。

やがて18歳になり、
孤児院を出て洋裁店のお針子として働くようになったシャネルは、
当時、パリで流行っていたカフェで行なうコンサート「カフェ・コンサール」に魅了されていました。
ココ・シャネルの夢は、このカフェ・コンサールの歌手だったのです。

面接を受けて採用されたシャネルの持ち歌は、2曲
「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」
「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのは誰)」

この2曲の曲名に出てくる「コッコッ」「ココ」から
彼女が舞台に立つと観客は、ニワトリの鳴き声「コッコッ」「ココ」と声援を送ったそうです。
こうしたことから、いつしかシャネルは、「ココ・シャネル」と呼ばれました。

誰もが知る「シャネル」ですが、
ココ・シャネルが実は歌手を目指していたなんて意外ですね。

②父親から呼ばれていたという由来

そしてもう1説は、書籍「素顔のココ・シャネル」に記載。
子供のころ、父親から「ココ」と呼ばれていた、という説。

2つの説を持つ「ココ」どちらが真相なのか分かりませんが、
本当の事がわかれば言い伝えられていた真相が歴史を変えます。

 

 


TOP

筆者について


シャネル専門店TC Japanのブログ
シャネルのアパレルを中心にジャケットやワンピースなどシャネルの魅力をお伝えしていきます。

» プロフィール詳細はこちら
» プライバシーポリシー
» お問い合わせはこちら
» にほんブログ村 ファッションブログ

シャネル販売サイト


Copyright - TC Japan Inc., 2020 All Rights Reserved.